満月うどんのご紹介です

打ちたて、茹でたての田舎うどんをライブで。
うどんの風味が一番際立つ“つけ麺”にこだわっています。小麦は農林61号など国内産100%をブレンド。
お客様の笑顔が溢れるよう、誠心誠意真心を捏ねて、おつくりしています。

地元産旬野菜の糧を彩りに添え、皆様のお越しを、うどんを長くしてお待ちしております。

満月うどんの歴史

満月うどんの現在の店主は二代目ですが、祖父の代は織屋を営んでおりました。
地方から働きに来ていた母は祖母に認められ、うどん打ちを覚え嫁に入りました。
時代は着物から洋服に移り変わり、村山の織屋も数が少なくなり、
先代も時代の流れに逆らえず、織屋をたたみました。
そして、1986年夫婦でうどん屋を始め、試行錯誤の末、現在のうどんができました。
2003年からは、打ちたて・茹でたての美味しいうどんを食べていただきたいと食堂も始めました。
さまざまなものが多様化している時代の中、これからも変わらず手から手へ受け継いでいく武蔵村山の食文化。
市内の小学校ではうどん打ちの体験も授業の一環として行われています。

どこかで食べたことある懐かしい味…。そんな思いに浸っていただければ、と満月うどんは思っております。